« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月19日 (水)

アトピーからの脱出・・・

みなさんは、ステロイドという薬の副作用を知っていますか?

医学的にどうしても、使わないといけないという場合もありますが。

もし、耐えれるなら、使わないほうが絶対にいいですよ!

というのも、僕自身も軽い湿疹で皮膚科にいって、はじめは、かゆみ止め程度のつもりで、薬をもらっていたのですが(オイラックス)長袖のパジャマなどを着ていると、ベタつくのが嫌で、サラっとしたこっちのゼリー状にしようということになって、薬をベタベタのクリーム状からゼリー状にかえたのです。

そうです、その薬がまさにステロイドだったのです。

かゆみも当然のようにおさまり、また服をきてもベタつかずかなり満足していました。

しかし、次第に薬をつける頻度が短くなっていき、気がついた頃には、ほぼ毎日風呂上がりにつけるようになっていました。

薬がなくなると、湿疹の場所は、赤くただれてきて、悪化しました、そして、薬をつけ続けて、2年ほどたった頃にそのゼリー状の薬がステロイドという薬だということを知りました。

ステロイドは、つけているうちは、症状もおさまりますが、切れてくると、麻薬のように、どんどん強い薬じゃないときかなくなり、つける頻度もどんどん高くなってきます。

このままずっとステロイドをつけ続けていても、一生薬漬けの生活をしないといけないとおもい脱ステをすることを決意しました。ステロイドをつけないと治らないとも言われました・・

これからが、また苦痛のはじまりで・・・かなり荒れた状態が続きました。

当然湿疹の部分には、薬をつけないので、赤くなり、そして、とてつもなくかゆくなり、そして我慢できずに、かきむしると浸出液と血がでてきました。(リバウンド)かゆさで何をしていても、手につかずイライラしていました。夏には、半袖になるのが嫌になり、長袖をきてました。

冬は、肌触りの悪い服をきるとまたかゆくなりました。。。

そして、かいたらいけない!とわかっていても、寝てるうちに無意識のうちにかいていたので、かいてもひどくならない程度に、爪はいつも常に深爪にしていました。

こんな事をしていて、本当に治るのか?とかもおもいました。

正直な話ステロイドをまたつけたい衝動にもかられました。

そんなとき、ライディック研究所が開発したドクターシナジーという個人パターンの情報を入れた水とこれから開発されるアトピーローション&アトピークリーム(現在のATローション、ATクリーム)のモニターをすることになりました。もちろん生活水もメトリック水でという事で全館タイプをつけました。

とりあえず、アトピーは、乾燥させない事が大事なので、ローションとクリームを風呂上がりにいつもつけて保湿していました。

しかし、これでも、なかなか症状がおさまらず、イライラした日々もありました。

アトピーの人はわかるとおもいますが、我慢していても、かいてしまう時があるんですが、そのときは、本当にイライラもし、気持ち的に落ちたりもしました。

どうしてドクターシナジーを飲むか?という事ですが、それはイライラした神経を癒し、常に平常心を保っていられるということと、自分力をアップさせて、ストレスにうち勝つという事だそうです。

次に水ですが、特に毎日入る風呂が肌に影響を与えるとかで、生き物に一番よく合った信号で、(サイモス60)体内水を整えるために、毎日2㍑以上の水を飲むということも、肌のためには、大事な事だそうです。

これらのことは、正直はじめは、半信半疑で全く信用してませんでした、このブログをみた人もたぶんそうおもうとおもいます。治ってほしい!!という気持ちでその通り試していました。ときには、なかなか改善が進まず家族に当たり散らしたこともありました。

モニターをはじめて、3ヶ月ほど経過したころ、改善の症状がみえはじめました。

かいても、あまり血も浸出液もでることなく、普通の肌のようになってきたのです!!ヾ(´∀`)ノ

悪化してた頃の写真と見比べてください!これくらい違いがあります。

自分の肌が前こんな状態だとおもうと、おぞましいです∑(゚Д゚;)

人の肌は、環境でこんなにもかわるものなんですね!

2 3

←左は、ヒジで。右はヒジの内側です。

1_1 これは、3ヶ月後にとったヒジの内側の写真です。まだすこし赤みはありますが、確実によくなっていっています。このときももちろんかゆみを我慢しなければいけません。

これは、最近のものです_002_1 _003

最近では、ほとんどかゆみもなくなりました。

アトピーの人もあきらめないでください!これをみてもらえるとわかるとおもいます。

僕は、顔などには、なかったのですが、腕やヒジだけですが、とても辛かったです。

だから、アトピーの人の気持ちは、よくわかります!

僕のブログをみて参考にしてもらえばとおもい、ブログに掲載しました。

PBCメゾンのホームページは、こちらhttp://www.pbc-ota.com/ お気軽に質問などどうぞ!いつでも力になります。

Idbimagedisp Idbimagedisp_j Idbimagedispn

Idbimagedispb

Idbimagedispj

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

フィールド採集パート2

いやー・・・暑いですねー!最近では、寝苦しいほど、暑くなってきました。

「熱帯夜」になってますねー。蚊もいっぱい飛び出しました。

いやーな季節ですねー!寒いのも暑いのも嫌です(笑)

さてさて、今回もフィールド採集いってまいりました!(パート1もあるので、よかったらみてね☆)

今回の川は、とても水が綺麗で、カメもいました。

オタマジャクシもカエルも生息してました。

網2つももって、追い込み漁をするように、追って採集しました。

数も多かったので、結構捕れました。ヾ(´∀`)ノ

たぶん採集したのは、フナとハイといわれる魚だとおもわれるんですが・・・

はっきりは、わかりません^^:わかる方ご教授ください(´・ω・`)

いるところには、まだまだいるもんですねー、ちょっと感動(*^_^*)

おもわず川辺で魚をみながら、「大自然」っていってしまいました。(^_^)Sya_001_2 Sya_002_2 Sya_3

PBCメゾンのホームページは、こちらhttp://www.pbc-ota.com/

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

水道水とメトリック水

みなさんこんばんわ

ここのホームページもブログから見てくれている方や、検索してみてくれている方が

いるようで、とても嬉しい限りです。

遠慮なくコメントなどしてやってください。

写真のアロワナは、どちらも2年ほどたったアロワナなんですが、

水道水とメトリック水で飼ったアロワナです。

幼魚の頃から、アロワナを飼っていますが、

大きくなってくると、こんなにも差がでるものかと、

正直驚かされました。魚はウソをつかないですね(^_^)

以前カブトムシの幼虫を飼育していまして、

庭土で育ったカブトと腐葉土で育ったカブトも一目瞭然でした。

庭土のほうは、角がメロンの角のようになり情けなかったです(>_<)

水槽の大きさでも大きく左右されます。

大きいほうは、120cmの水槽でずっと飼われたものです。

小さいほうは、90cmで2年飼っていたものです。魚を飼ってみたいけど、「飼い方がわからない・・」という方もサポートさせて頂きます^^PBCメゾンのホームページは、こちらhttp://www.pbc-ota.com/

060615_2145 060615_2148

Cimg0539 Cimg1654

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

ダックスフンドのピットくん

我が家のワンコ達(ムクくんもいます)は、とても聞き分けが良くいつも賢くお留守番をしてくれ、

文句も言わず、けなげな程です。

それも、メトリックで暮らしているおかげでしょうか?

以前は、手がわれる事にイライラして子供の手をかんだ事もありましたが・・・

 そのピットくんが最近心臓弁膜症と診断されました。「人なら手術しなければ危ない状態だが犬だからできないので薬で様子を見ましょう、これは遺伝かもしれません」と獣医さんに言われショックでした。

そういえば、最近は寝てばかりで小屋から出ようとしませんでした。

そのかたわらで犬同士で判るのかムクも守るように寝てました。

TVでも犬も太ってくると肝臓、心臓病になる事が多いので気をつけなければいけないとミニチュアダックスのモモちゃんダイエットプロジェクト特集をしていました。

「うちのも、太めになってきてたなァ」と反省し、犬はメトリック水だけで充分と思っていましたが、もっと自分力が高まる様にドッグフードをあげる時、シナジーウォーターを振りかけたり、元気がない時、原液のシナジーを飲ませたり、毎日気をつけて続けていました。

一週間位たった頃元気になって少し散歩も行けるようになり、心臓の音も安定してきました。まだ弁膜症特有のザーザーと言う音は混じりますが、以前とは比べものにならないほど元気になり、少しダイエットプロジェクトも始めています。

やはりペットも家族同様いつも元気でいてもらいたいですネ。0509072249

PBCメゾンのホームページは、こちらhttp://www.pbc-ota.com/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

足跡

雨がよく降り、蒸し暑い天気が続いてる今日この頃。

ブログを立ち上げて、早5ヶ月ちょっと。

書くネタがあまりなく、苦労しながら、がんばってます(苦笑)

訪問された方、ホームページを見てくれた方は、

足跡がわりに、コメントなど残していってくれたら、嬉しいです(^_^)

やはり、何も無かったら寂しいですからね・・・(>_<)笑

ホームページを持っていない方でも、喜んで歓迎いたします。

これからもがんばるので、ヨロシクお願いしますm(_ _)m

PBCメゾンのホームページは、こちらhttp://www.pbc-ota.com/

| コメント (0) | トラックバック (0)

コの木何の木?

ものすごく前に、コの植物を山で、抜いて家に、持ち帰って、埋めておいたら、

かなり大きくなったのですが、これは、雑草でしょうか?はじめは、かなり小さかったんですが、何年かたつとこのようにかなり大型化しました。まったく枯れるコトもないので、

ほったらかしにしてるんですが、ただの雑草ですよね?

いちおー画像のせておきます。Sya_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

体験者からのお声  yosa初体験

始めてyosaのお世話になりました。
まるで王子様の椅子のようなところにゆったりと座る。
ものの5分も経たぬうちに汗が吹き出してきた。
静かな音楽を聴きながら、このまま目を閉じて瞑想でもしてみようか?
あるいは何も考えることなく、娑婆世界から離れてのこの空間に包まれてみようか?とか考えていた。
ともかくリラックスさせてくれる。
そっとそばで温度調整をしてくれるオーナーがエジプトのしとやかなお姫様のように見えてきて私はしばし幻想世界。
シャワーをするとものすごい垢が出ているのに驚いた。
ともかく冷たいビールを飲みたくなった。
家に帰り際、近所の居酒屋に飛び込み冷たいビールを早くと促し一気に飲んだ。
PBCメゾンのホームページは、こちらhttp://www.pbc-ota.com/

| コメント (0) | トラックバック (0)

What's yosa??

ハーブミストスパ YOSA

この45分間は、あなたへのご褒美です。

いやされて、感じて、美しくなって下さいネ。

内に入るとお客様は一斉に「ああ、いいにおい!!何のにおい?」と聞かれます。
人工的なにおいとは違った、何種類ものハーブの
Yosa_03 香りに包まれ、116テンポの音楽を
それとなく感じて下さい。もちろんミストも
メトリック水です。
そのひと時は自分にごほうび。普段家事を
忙しくこなしていらっしゃる奥様、会社、
人間関係でストレスがたまっている方、神経を
よく使うお仕事の方、低体温、冷え性の方も、
しんから温まって薄着のおしゃれを楽しみましょう。
さあ、サラサラの汗をかいて、リフレッシュ!
ここから今までと違った自分の誕生です。

PBCメゾン太田店では、YOSAを取り入れています。

YOSAは今までにない全く新しいエステ、スパです。

その”癒し”は「ハーブ」「炭」「ミスト」「マイナスイオン」「ラドン」などで
シルクミストを体内に取り込むことで”潤い”を取り戻し美容、
Yosa_08 健康などへの欲求を13種類のハーブ(トウキ、八角、センキュウ、
よもぎ花、温州ミカン皮、いえ菊、クローブ、よろいぐさ根、
よもぎ葉、半夏生、ハッカ、くず根、橙果実)がやさしく、
あたためて包み込んでくれます。
また、YOSAに使用するメトリック水は、20数年、お肌と健康に
結果が出せる様、追求し続け開発された大自然の”湧き水”を
お手本に作られた”こだわり”の水です。
それにより、より自然な発汗作用を促します。
さらに、ご希望により、”あなたの自分力を高める”お手伝いをする相乗効果の水”
シナジーウォーター”もお飲み頂けます。
これは、今までにないYOSAとメトリック水のコラボレーションです。
「美容」「健康」「癒し」「ダイエット」「リラクゼーション」の世界を一度にお楽しみ頂けます。

詳細は、こちらにあります、よかったら見て下さいね。http://www.pbc-ota.com/

| コメント (0) | トラックバック (0)

アーリーの子供達の成長・・

Photo_2_1 最近は、暑くてむせるだけの天気にとどまらず・・・

なんとぼちぼち蚊がかなり発生してくるようになりました。

蚊と梅雨と暑さのコラボは、はっきりいって、ヤヴァイです!!

耳元でプゥーンというあの音・・・たまらん!!蚊取りのアースなどは、もう常に作動させておかないといけませんね(>_<)

小さかったチビ達も、今では、青くなってきました・・・ようやく幼魚といった感じでしょうか。

かなりの匹数を60cmの水槽に入れてるんですが、まったく死んでません。

ただ水換えは、必要になってきますが・・・やっぱりこのメトリック水は、カルキ抜きも入れなくていいし、とても使い勝手がいいです。冬では、お湯も通せるので、水換えのあとの電気代節約にもなりますね、年間のメンテナンスも活性炭一本2100円だけですよ!ヾ(´∀`)ノSya_001_1 Sya_1 魚を飼ってみたいが、飼い方がわからないという方温かくサポートもしますよ☆PBCメゾンのホームページは、こちらhttp://www.pbc-ota.com/

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

フィールド採集

夜なんかムシムシしてねれませんね・・・雨は、降るし・・嫌な天気ですね!!この時期は、湿気が多くて嫌ですね。

アロワナなどの魚を飼っていると、エサのストックなども必要になってきて、

とても大変です!特に金魚などを飼っていると、持ちが非常にわるい・・・

何がだめなのかわからないけど、よく死にます。。。ナンデヤロ(^_^;)

ってことでえさ代もバカにならんっていうわけですわ・・・ってことでそれなら、

お金を浮かせちゃおう♪ヾ(´∀`)ノってことでエサ採集に出掛けました。

ええ年こいて、網で採集するわけですわ・・・笑

今回は小魚を採集に出掛けたのですが、雨が降ったあとで、流れがはやく魚がどっかにいってしまいいませんでした・・・(>_<)でも、手ぶらで帰るわけには、いかんので、

簡単に採れるオタマジャクシをイッパイ採集してきました。

自然界で生きているだけあって、やはり強い!!(^_^)まったく死にません。

しかもええ水でかっているせいかなんかしらんけど、やたらカエルになるんが早かったです、オタマジャクシは、水の中で呼吸ができるのですが、カエルになってしまうと、これが厄介で足場を作ってあげないと水中で呼吸ができなくなり、おぼれてしまいます(^_^;)ってことで足場もつくってあげました。Sya_002_1 Sya_003 Sya_004 一枚目は、オタマジャクシ2,3枚目は、カエルになったとこです、ワラワラと登っていきました笑

| コメント (0) | トラックバック (0)

YOSAの風景

Yosasumi  毎日色んな方がYOSAに入りに来られます。

最近通っている若い女性は、ダイエットが目的です。話を聞いていると、仕事が忙しいので、ランチもファーストフードですませているとか、また料理も習ったことがないので、あまり色々作れない・・・これでは、健康にも良くないし、太るのは当たり前です。

「まず簡単な料理を、自分で作れるようになろうヨ」とYOSAしながら、

料理の本をさり気なくソバに・・・ 「アッ、これ、簡単でおいしそう!」「アッ、これも食べてみたい」 ヾ(´∀`)ノ

「そうやろ?自分でも作れるヨ メゾンのメトリック水なら素材の味を引き出して、誰でもおいしく作れるヨ 減塩にもなるし肌もキレイになるヨ 今度一緒に作ろうか?」

「外食してると味も濃いし缶コーヒーやジュースは良い体内水にはならないので、できるだけ良い水を飲むようにしようネ」

その方はまだ、体重は変わらないけど、体は少しずつ締まってきています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

YOSAの風景

 私がYOSAと出会ったのは、メゾンの隣に引っ越して来た人との出会いが

きっかけでした。「お隣に子供の学校の関係で引っ越して来ました、よろしくお願いします」とあいさつに見えたその方は、とても明るく前向きで楽しい方で一度で好きになりました。

 それからその方がYOSAの話をしてくれた時、「入ってみたい!」と思いその方のお宅へおじゃました時、女王様がすわる様な白いイスが部屋の真ん中に置いてあって、その風景と独特な香りに魅了されました。その時の私の体感がYOSAをメゾンに!

PBCのメトリック水とコラボすれば、もっとYOSAも素晴らしいものになる!!

その時お互いに感じた事でした。

 なんと不思議な出会いだった事でしょう!

私は毎日、メゾンの仕事が終わると「今日もありがとう、これからも良い繋がりができますように」と祈りを込めてメトリック水をまいていました。(この水は、0,3秒で気持ちや情報が入って抜けないのです)

 そして、隣の人は、「ここはなんとなく気が良かったから、もう他を見ないでここに決めたんです」とニコッとしていました。

私達はお互い引かれ会うように出会い、それは必然だった!

これがYOSAとメトリックの出会いでした。

私達の友情は、それから、ずっと、まるで双子の姉妹が出会ったかのように毎日一緒です。

私はかけがえのない物を得たのです。

Yosa_05

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »