« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月30日 (木)

最近のアロワナ

最近のアロワナの調子です。  かなり良好>>

Cimg1340 Cimg1339 すごく、元気いっぱい。。(・v・o)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

ゼロメトリック

Photo_2 熱帯魚、ペット(動物)、植物、人間・・・とすべての生き物に適してる生きてる湧き水です。

メトリックゼロは、電気分解磁気、逆浸透膜等の人工的なコトは、一切せず、医王石(ミネラル資源)を多く含む)マイナスイオンセラミック、遠赤外線セラミック等をブレンドし、大自然の湧き水をお手本に作られた浄水器です。
この医王石は、養魚延命に、効果があることが知られています。ホルモンなどの色揚げを一切しなくても、魚が成熟すれば、自然にキレイな発色になってきます。
ペット、人間、生き物すべてにもたくさんの良い結果がでています。

また近々ホームページもアップしますので、詳細が知りたい方は、またお知らせしますので、見て下さいね。(^_^)

| コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

だいぶ大きくなった幼魚?笑

みなさんこんばんわ、いやー日記って正味かくことなくなりますね笑

ほんと何書けばええんやろ?ってなります。結構日記さぼってました、ほんま気まぐれですわ^^;「徒然なるままに」っていいますけど、徒然なるままかけるかなぁ?って心配になってきました。だから、おもいついたことなんでも適当にかこうとおもいます(笑)

この写真は、生後約3ヶ月くらい?6ヶ月?くらいの家で生まれたアーリー(青)カエルレウス(黄色)の稚魚なんですが、最近やっとこさ発色しだしました、熱帯魚店でよく小さくてもフルブルーのアーリーなどみますが、あんなに小さくても発色しているのは、おそらくホルモン剤などを投与しているのでしょうね?確証はできませんが^^;笑

Sakana_001 Sakana

| コメント (0) | トラックバック (0)

馬面ハンター

_001 ディミデイオクロミス・コンプレシケプス

この魚もアフリカンシクリッドの種類でして、馬面のような細長い体型をしています。体長も大きくなると15cmをこえるみたいです。_002 1 Photo

その理由は、岩などに、入り込んでいる魚を捕食しやすいように、どこでもすぐにはいっていけるように、このような体型をしているといわれています。

画像アップしました^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

我が家の犬U・w・U

Pit

Vfts0001_1

無垢(柴mong)♂科。9歳。とピット君(スタンダードダックス)8歳です。

2匹ともすごく健康で、可愛いです(・w・o)

元気で健康なヒミツは、イイお水とナチュラルフードのおかげかもしれませんね。。。水道水というものは、やはり、動物にもいい影響を与えないらしいです。

マイ・フィギュア・スケート・アルバム

アーティスト:オムニバス(クラシック),ガウチ(ミリアム)
販売元:エイベックス イオ
発売日:2006/03/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

雌雄の違い

以前お話した、アーリーの雌雄の違いを写真を交えて簡単に紹介したいとおもいます^^Cimg0591 Cimg0661 Cimg0663

アーリーというのは、アフリカンシクリッドの中の種類でして、オスはメタリックブルーに輝き、メスは地味な色になる魚です、オスはアピールしたいのかなんなのかわかりませんが、とにかく青くなります!ハンパじゃないくらい青くなります。これは、水槽の飼育環境などにもよるみたいです。以前カブトムシの幼虫を腐葉土と庭にあるような土で飼ったのと比較してみると、月とすっぽん並に違いがあらわれました。それは、カブトムシになったときの角の形が全然ちがいました!腐葉土のほうは黒々としたかっこいい角なのですが、庭土のほうは、メロンのような情けない角になってました(笑)これと同じでやはり育った環境に左右されるってことみたいですねー魚の場合もそうかもしれません!!

大きく話は、ずれますがマウスブリーダーは、お互い回りながら産卵して、それをメスが口にくわえて、最後にオスの尻びれにエッグスポットといわれる黄色い卵のような形をしたのをオスがみせてそれも卵だとおもったメスは口をあけたときに放精が行われ、受精するみたいです。写真みれば一発で雌雄区別つきますね^^;

| コメント (5) | トラックバック (0)

掃除屋も怠け屋に(?)

掃除屋といわれているプレコですが、大きくなると一変して、性格などもかわります。

大きくなると、動きも鈍くなり、また性格もすこし、荒くなり他魚をおいかけまわしたりします、こうなってくるとコケもほとんど食べずに残った餌を他魚と一緒にバクバクたべます。結構大きくなると、だらだらして働かなくなり、怠け屋になってしまいます。性格にもよりますけどね・・・魚にも性格ってあるもんですね(笑)_010_1

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »